教師塾 blog

思慮深く、大胆に書きます。

第5回 教師塾

本日は第5回教師塾でした。

以下、西尾が気づいたことを記していきます。

 

・質問は、聞き手側のためのもと、話し手側のためのものがある。

 

・興味をもつことも大切だけど、まずは聞いてみる。(質問をしてみる。)

 

・(よく考えて、理が通る内容で)言いたいことを言うことが出来、他者が言いたいことを、自分が言われやすいこと状態のの両立が出来ることが理想だと再認識した。

 

・学校(他の環境でも)では、コミュニケーションをもってコミュニケーションを学ぶ機会が少ない。

 

・コミュニケーションは、コミュニケーションを持ってでしか学べない?

 

・他者との意見の違いから、合意形成をとるだにコミュニケーションをとることは大切なことの一つだが、常に(無理に)向き合い、わかり合う必要はない。

 

・対と、対以外では、コミュニケーションに大きな差が出てくる。それは、人は同時に二つ以上のことに気を配らないことからだと思われる。

 

・聞くことの重要性を意識した後の懇親会では、聞くことに重点を置くので、聞ける(気がする)、

 

・学ぶことに主体的なことは、学ぶことの前提である。

 

 ・人と人が関わり、わかり合うことの可能性はかはり知れない。

 

教師塾 西尾

第4回 教師塾振り返り と 教師塾の役割

[振り返り]

第4回教師塾のテーマは、

マインドマップを通した自己理解」でした。
マップを書くための基本事項を学ぶと共に、
自己理解につなげるべく、”しあわせ”についてや、現状の”悩み”や”困り感”をマップにまとめました。

f:id:gt_24_o223:20170824191946j:image

自分と向き合う。

マップにしたものを共有する。

アイディアを出し合う。

年代毎や職業毎での違いを知る。

解決のために明日からやれることを考える。
という流れでした。

定期的に現状把握や、振り返りのツールにしていきたいです。

 

また、今回は高校生の参加や、親子で参加して頂けました。

誰もが、共に学びやすい場所になっていることに嬉しく思います。

 

[役割]

 f:id:gt_24_o223:20170824194509j:image

教師塾の役割は、多様な立場の大人や子どもが集まって学ぶ場所になることです。

そして、学校、職場、家庭などの日常に変化をもたらせることが出来ればと考えています。

 

さらに、過去の参加者やこれから参加してくれる方々に学ぶことを通して、力にになりたいと考えています。

 

学ぶことは目的でなく、手段です。

ここで学んだ内容を、日々の生活に落とし込むことで、さらに生活が豊かになったり、困り感の解消に繋がればと考えています。

 

共に学びたいことや、

困っていることなどを気軽にご意見頂けると嬉しいです。

Facebookページには、メッセージアイコンを作りました。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku/

 

また教師塾のメールアドレスも設けましたので、気軽にご連絡ください。

mail:kyoshizyuku@gmail.com

 

教師塾 2017.7.26

『学校の教員が様々な”先生”と交流し、学び合う場所をつくる。』 先生は、「先に生きている。」これ以上も以下もないと考えています。 先に生きる大人として、人として魅力ある人が“先生”です。
どんな先生が魅力的か?
着実に一歩ずつ行動でき、学び続けられる人です。
ということは、どんな人だって”先生”になりうるということです。
それぞれの学校で、目の前にいる子たちと接するプロが教員です。 教員は頑張る人ほど学校にいる時間が多いです。
だから、視野を広げるためにも、苦しいことをかかえこまないためにも、学校のことを学校の中だけで 考えるだけではなく、様々な立場の大人が集まって考えたいのです。 多くの人が学校を経験し、社会に出ていきます。
教員は学校しか知らないという方も少なくないと思います。
学校から、社会に旅立つほとんどの子どもは、学校の教員になりません。 学校にいた子どもたちが大人になり、学校以外の場所で様々な経験をしています。 その経験をアウトプットしてほしいです。
学校の教員は、学校内のことを学校外の人と考えることで、新たな気付きにつながります。 教員ではない”先生”は、あなたが大切にしてきたこと、していくことを現場の教員を通して、子どもた ちに伝えてほしいです。
「教師塾」を通して参加者同士が、”先生”としての魅力に磨きをかけ、子どもたちがより良い方向に進 んでいくために影響を与え合う場になればと考えています。

第4回 〜マインドマップを通した自己理解〜

第4回教師塾のイベントページができました。

第4回 教師塾 ~マインドマップを通した自己理解~

 

"教師塾"という名前で活動しています。

 

「教師、教員を育成するため。」

「教育関係者の学習会。」

というイメージを持たれるかも知れませんが、そうではなくて。

「教員とそうでない人(教師)が共に学び合える場所」

を大切にして活動しています。

(※"教員"と"教師"の違いについてこちら

教員と教師 - 教師塾 blog)

 

問い合わせお気軽にどうぞ。

セキュリティチェック

ご参加お待ちしております。

大人(教師)のサードプレイス

教師塾は、大人(教師)のサードプレイスのような場所でありたいと考えています。

現場では複雑な人間関係の中で、

「自らが言いたいことを言い、他者から言いたいこと言われる。」というシンプルなこともままならないかもしれません。

教師塾では、違った環境にいる人たちと話し合うことで、解決のヒントになると考えています。

 

しかし教師塾はあくまで、サードプレイスです。

職場や家庭での日々がより良いものになるような学びを共に作り上げる場であることが大切であると考えています。

本番は日常です。

教師塾で表現できたら、日常でも表現できます。

また、自分が行っていることが当たり前になっていることもあります。

他者からみたら憧れられているところもあるはずです。

 

① その日に変化を与えられる何かを見つけて、次の日から実践する。

② 自分では気づいていない自分の、価値に気付く。

 

これらを教師塾に探しに来てほしいと思います。

教員と教師

教員

・学校に勤務し教育に従事する人。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

・学校で児童・生徒・学生を教育する職務についている人。(デジタル大辞泉

・学校における教育活動を職業にしている教師。(百科事典マイペディア)

 

教師

・人間とくに子ども,青年を指導し,その発達を助け促す人。類似の語に教育者,先生,師匠,師,教員などがある。学校制度発足前には教師,教育者,教員などの語はなく,学芸,武道あるいは歌舞音曲などを教授する人は師匠と呼ばれていた。今日,師匠は茶道,華道など伝統的な芸事の教師について使われるにとどまる。教師が知識,技術の伝達を中心的な仕事にする人とされるとき,教育者はより広く人格形成者という意に使用される。また近代公教育制度の確立以降,法律用語としては教員が使用されてきた。 (世界大百科事典 第2版)

 

・学校で学問を教え子供たちを導く人。先生。教員。教団などで、宗教上の指導をする人。(大辞林 第三版)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

教員は、子どもに教育を行い、学校で働いている人。教員は教師でもある。

教師と教員の共通点は、”教える”ということ。

ならば、

親御さんは教師。

後輩のいる中高生は教師。

就職を控える大学生の後輩がいる、新卒1年目の社会人も教師。

塾の先生は教師。

部下のいる課長も部長も社長も教師。

 

”教員塾”じゃなくて、”教師塾”

教師塾

教師塾

[活動形態]:非営利団体

[活動内容]:学習会・交流会

 

[活動理念]

「学校の先生と、そうでない人が学び合う場所を作りたい。」

先生は、「先に生きている。」これ以上も以下もないと考えています。

先に生きる大人として、人として魅力的である人が“先生”です。

どんな大人が魅力的か?

着実に少しずつ行動し、学び続けられる人です。

そのために学び合う場所を作ろうと思いました。

 

先生は先生しかできないです。

専門性、コミュニケーション能力など、どんな力をつけても、先生は輝きます。

配属された学校で、そこにいる子たちと接するプロが先生です。

だから、色んなところで活躍する先生が集まれる場所が必要だと考えました。

 

先生は頑張る人ほど学校にいる時間が多いです。

だから、視野を少し広げるためにも、学校のことを学校の中だけで考えてしまうのではなく、色んな立場の大人が集まって考えられたらよいと思うのです。

ほとんどの人が学校を経験し、社会に出ていきます。

先生は学校しか知らないという方も少なくないと思います。

学校から社会に旅立つ、生徒のほとんどは学校の先生になりません。

学校にいた人たちが大人になり、学校以外の場所で色々な経験をしています。

その経験をぜひ、教師塾でアウトプットしてほしいです。

 

学校の先生は、学校内のことを学校外の人と考えることで、新たな気付きにつながります。

先生じゃない人は、あなたが大切にしてきたこと、していくことを現場の先生を通して、子どもたちに伝えてください。

 

教師塾を通して参加者同士が、人としての魅力に磨きをかけ、子どもたちがより良い方向に進んでいくために影響を与え合う場になってほしいです。

 

学ぶ内容は先生のためのものや、学校で利用されているものになることもあります。

しかし、一番大切なのは、手法ではなく、教師塾の学習会の中で何に気付き、日常生活にどこまで落とし込めるかです。いかに学び合うかです。学び取ることは、人それぞれです。その中で教師塾に集まった仲間でしか気づけない何かを見つけるために活動していきましょう。